古河林業の家

MENU
展示場検索 ご相談 資料請求 来場予約

古河林業の家 / 建築実例 / 家族で選んだ大黒柱が見守る家

家族で選んだ大黒柱が見守る家

依頼先の決め手

建築に少なからず知識があったため、家づくりはデザインだけでなく、躯体の強靭さが重要と考えていました。古河林業は構造材が4寸と骨太で、すべてが国産材というのが魅力でした。特に興味深かったのは自社林での「大黒柱ツアー」。家族全員で参加し、大黒柱を選び、伐採させてもらいました。木の出所がわかっているということは今日では稀有なことで、愛着の深さが違うのは当然です。これから30年、50年と家族の成長を見守ってほしいと思っています。外壁のレッドシダーについては、施工の途中でお願いしたのですが、嫌な顔一つせずに対応してくれました。「リビングに収納が欲しい」と何気なく告げると、窯変タイルをデザイン的に施した収納壁を提案してくれたのも嬉しかったですね。

建物外観
建物外観

完成した家の特徴

玄関ポーチやバルコニーに施されたレッドシダーが、シンプルで無機質なファサードにナチュラルな力強さをもたらしている。特徴的なのは水平・垂直ラインによって構成されるデザインの美しさであり、深い軒の出が建物に陰影のある表情を醸し出していること。広々としたバルコニーが暮らしにプラスαの豊かさを与える。内部空間は国産無垢材とナチュラルな素材がふんだんに用いられ、心地よさを実現している。

東京都在住/Oさんのお住まい

《延床面積》136.11㎡(41.00坪)

Oさんご家族
Oさんご家族