MENU

国産材へのこだわりイメージ

「古河林業の家」は、柱・梁・土台の他、大引き・モヤから合板まで、構造材すべてに国産材を使用しています。
家づくりに使用する木材は、秋田県・宮城県・三重県に保有している自社林で育てた木材を中心に、どれも日本の気候風土に適した厳選木材です。
自社の森で育てた国産材は、徹底的な品質管理と計画的な伐採を行うことで、品質のバラつきが少なく、建築に適した木材の安定的に産出することができます。

国産材の家は建てたいけど予算が・・・というように「国産材」=「高価」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そんなことはありません。当社は自社の森林と、自社プレカット工場を合わせて保有しているので流通コストや中間マージンが抑えられ、比較的リーズナブルな価格で国産材の家をご提供しています。

また、国産材を有効に活用することは、日本の森林を守ることになります。
日本の森林を活性化させる事は、地球温暖化、生物多様性の損失、砂漠化の進行等、地球規模でのさまざまな環境問題を抑制することに繋がるのです。
当社は、森林総合企業として、日本の森を活性化させ、地球温暖化を防止するためにも、国産材100%の家づくりにこだわり続けます。