MENU
仕事場の風景

阿久津 智也 一棟でも多く“本当の日本の家”を造っていきたい阿久津 智也 一棟でも多く“本当の日本の家”を造っていきたい

顔写真設計士
阿久津 智也
(あくつ ともや)

出身地:広島県
星座:山羊座
出身校:芝浦工業大学
工学部 建築学科

以前から日本で暮らす家を外国産の木材で造るハウスメーカーが多いことが不思議でたまりませんでした。
古来から培われてきた日本人の技術と、日本の気候風土にもっとも適している国産材で本当の”日本の家”を造り、たくさんの皆さんにご提供したいという想いから、国産材ハウスメーカー・古河林業に入社しました。

自由設計・注文住宅だから家づくりが楽しい

家づくりは、暮らす人の家族構成や年齢、地域などによっても十人十色。古河林業の家は、自由設計・注文住宅なので、出来ると判断したものであれば、どんなものでも取り入れることが出来ます。
例えば、趣味のコレクションルームや中庭、パティオなどを造ることはお手のもの。
一棟一棟そのご家族に合った家を造れる注文住宅なので、設計士としても楽しくご提案させていただけるし、お客様にも喜んでいただいています。
暮らす家を家族でコーディネートできるって楽しいし、贅沢だと思います。

自分も家族の一員になったつもりでプランニング

ご提案の際に気を付けていることは、とにかく検討を重ね、そのご家族にとって望ましい形をさがし、導いていくという気持ちを持つことです。
そのためには、お客様の要望を聞きだす時間が必要。その大切な時間が打ち合わせです。
色々なお話の中から、こだわりポイントをくみとり、自分なりに想像力を膨らませ、自分も家族の一員として一緒に暮らすつもりでプランニングをしています。

完成しちゃうのが寂しいと言われました

家が完成する間近に、お客様から「打ち合わせが楽しくて、家が出来上がるのは嬉しいけど、寂しい」という言葉をいただいたことがあります。
アイディアを出し合い自分も思いっきり楽しく家づくりのお手伝いをさせていただいていたので、同じ気持ちになりました。
笑顔で造った家は笑顔の溢れる家になるんだなと実感したうれしいエピソードです。

自分にしかできないものを創りたい

一生懸命努力はしながらも、苦労の跡を残さず、自然にご家族が心地よく暮らしていける・・・そんな家を目指しています。
色々な場所やモノを見て、感じること想うことを家づくりに活かして、自分にしかできないものを創り、ご提案させていただくことが、私の夢でもあり目標です。