MENU
仕事場の風景

岡田 洋平 建築・住宅のスペシャリストを目指して岡田 洋平 建築・住宅のスペシャリストを目指して

顔写真工事担当
岡田 洋平
(おかだ ようへい)

工学院大学
工学部
建築学科出身

学生時代に設計事務所で建築の仕事を始めてから10年が経ちました。
前職では現場監督や実施設計、福祉コンサルタントなどの仕事をしておりましたが密接にお客様と接することがなかったので、この仕事を始めた頃は戸惑いましたが、様々な声に対応することで毎日が勉強になります。

工事担当の仕事は安全、顧客・近隣、品質、工程、コストの管理と多様でまさに現場プロデューサーといったところでやりがいを感じます。
お引渡しを済まされたお客様からのご紹介や営業担当から工事担当を依頼されたときは嬉しいですね。

実は、はじめは住宅設計の仕事に興味があったのです。
なぜ工事の仕事をしているのかといえば、設計の仕事をする前に現場の技術や経験を習得したいと考えたからです。
また、視野を広め不動産や金融といった分野を勉強して建築・住宅のスペシャリストになりたいと考えております。

職人さんとのコミュニケーションが大切です

良い家を作るポイントは現場の職人さん達とのコミュニケーションに尽きます。
段取りが悪かったり、打合せ不足があると現場の士気が低くなり、家の中も片付かなくなり、品質も落ちてしまいます。
職人さん達が何か悩んでいるときなど仕事以外のことでも語り合っているんですよ。
現場環境の維持、そして妥協しない品質チェックがお客様の満足に繋がっていくと私は考えております。

お客様に伝えたいことを申し上げるとするならば、工事中の現場に足を運んで頂きたいということです。
弊社は構造材に国産材を使用していて他社よりも大きな柱や梁を使っているので、断熱材や石膏ボードを貼って見えなくなる前に是非、見てもらいたいでのす。

上棟直後に現場に来られたお客様で木のぬくもりやあたたかさ、そして匂いに歓心して頂いていたのですが、仕上げの段階で構造材が見えなくなり残念がっているケースを多く見かけます。
古河林業の家らしさを残していただくためにも、化粧柱や化粧梁の検討をおすすめいたします。

また弊社の施工管理は多くの住宅メーカーと違って直営方式を採っているので、現場監督の采配による部分が大きいです。
是非、施工管理の抜群な私共に家を建てさせてください!