MENU
国産材の種類と特徴イメージ

国産材の種類と特徴国産材の種類と特徴

適材適所の木材をプロの目で吟味して、住まいづくりに生かす
強くて、心地のよい住まいは、こうして生まれていきます。

秋田杉にカラマツ、青森ヒバ、ヒノキ…。
木にはそれぞれの特徴があり、住まいの中で生かすべき場所があります。
適材適所に木材を用いてこそ、美しく堅牢な家は完成します。古河林業では、木のプロがそれらを吟味。伐採された木の中から最適なものを選び出し、加工していきます。ここでは、国産材の種類と特徴をお伝えします。

秋田杉

秋田杉秋田杉は古くから親しまれている木材のひとつ。厳しい環境で育つため木目が細かく、木材の色は明るく澄んだ肉色、鼻を突く清純爽快な感じをうける香りが特徴です。
当社では日本三大美林のひとつにも数えられる杉の産地、秋田県北秋田市にある自社林で育った秋田杉を無垢または、集成材のどちらでも使用していただけます。
集成材は、無垢材より1.5倍の強度があり、品確法「劣化の軽減」においても最高等級を実現していますので強度と耐久性について問題はありません。大黒柱としてリビングに使う場合などは無垢材の人気があります。

カラマツ

カラマツ国産カラマツは、杉やヒノキにつづく日本の主要林業樹種です。
木目が均質で濃赤褐色というのが特徴で、比較的柔らかい針葉樹の中でも重硬で、曲げに対しても強いという特性を持っています。
梁や桁などの横架材に適しているといわれていますが、樹脂成分が多く、耐水性に優れているので、構造材以外にもフローリングなど内装材としても人気があります。
美しい木目と鮮やかな節が力強さと暖かさの両イメージをもっているので用途も様々。無垢材を集成材に加工すると一層たわみに対して強くなるので住宅建材としては欠かせない樹種のひとつです。

青森ヒバ

青森ヒバ青森ヒバは900年前に建立された中尊寺の金色堂ヒバづくりの存在からもわかるように耐久性・耐朽性の高い木材です。
また、爽やかな香りに含まれるヒノキチオールなどの天然成分には、殺菌・防虫効果がありシロアリ、ゴキブリを寄せ付けない他、ダニ、蚊などにも効果があるといわれています。
さらに、青森ヒバは湯船にできるほどの耐水性があり、カビの発生を抑える効果も備えているので、高温多湿な日本住宅の土台に適しています。
人体に影響のない無農薬防蟻剤と併用することでさらに安心した住まいづくりができます。

ヒノキ

ヒノキ「ヒノキ造りの家」といえば今も昔も日本人の憧れ、贅沢で立派な家の代名詞にもなっています。
ヒノキといえば芳しい香りと艶やかな光沢のある木肌が特徴的です。機能面から見ると堅牢が高く、割裂や反張が少ないにもかかわらず加工がしやすい木材です。
また、抗菌・防虫効果が高く、様々なアレルギーの原因になるカビやダニの繁殖を抑制してくれる働きを持っています。
さらに不思議なことに、伐採されたヒノキは200年から300年の間は強度が増し続け、その後ゆっくり伐採時点の強度に戻るという特徴があります。
ヒノキを使った家は、次世代まで続く100年住んでも変わらない安心の住まいとなります。