MENU
徹底した品質検査と住宅性能表示イメージ

徹底した品質検査と住宅性能表示徹底した品質検査と住宅性能表示

住宅性能表示制度とは

2000年4月に施行された「住宅の品質確保の促進に関する法律」(品確法)を構成する3つの柱のうちの1つです。あらゆる工法の住宅に、共通の性能表示基準が定められており、比較検討が容易になりました。
お客様の申請によって行う任意の制度で、国の指定を受けた住宅評価機関が第三者の立場で検査し、公正に評価します(有料)。

長期優良住宅の認定基準としても用いられているので、長期優良住宅の認定と同時に申請いただくことで、費用を抑えられます。

性能評価を受けている住宅は、万が一のトラブルの際に指定紛争処理機関を利用することが出来ます(有料)。

住宅性能はトップレベルで対応

住宅性能表示制度は全部で10分野32項目。等級1は建築基準法程度の性能として設定されているため、必ずしも最高ランクである必要はありませんが、中でも重要な4分野「構造の安定」「劣化の軽減」「維持管理」「温熱環境」について、古河林業では最高ランクを得る事ができます。その他の項目につきましても、お住まいの地域や立地、間取りプランなどの諸条件に勘案。お話し合いをベースに、全体のバランスに配慮した快適なお住まいをご提案いたします。

性能項目 ※必須 概 要 等 級
1.構造の安定 ※必須 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止) 【等級】2・1
その他(地震に対する構造躯体の倒壊等防止・損傷防止) 【等級】ご希望に応じて対応
地盤又は杭の許容支持力等及びその設定方法 【等級】全棟地盤調査実施
基礎の構造方法及び形式等 【等級】古河林業高耐震ベタ基礎
2.火災時の安全 感知警報器設置等級・耐火等級 【等級】トップレベルで対応可能
3.劣化の軽減 ※ 劣化対策等級(構造躯体等) 【等級】2・1
4.維持管理への配慮 ※ 維持管理対策等級(専用配管) 【等級】・2・1
5.温熱環境・エネルギー消費量 ※ 断熱性能等級 【等級】4・3・2・1
一次エネルギー消費等級 【等級】54・3・2・1
6.空気環境 ホルムアルデヒド対策・換気の対策 【等級】トップレベルで対応可能
7.光・視環境 開口率や開口比 【等級】トータルバランスに配慮して対応
8.音環境 透過損失等級 【等級】3・・1
9.高齢者等への配慮 高齢者等配慮対策等級(専用部分) 【等級】543・1(3以上は介助を容易にする対策)
10.防犯 開口部の侵入防止対策 外部からの侵入を防止する対策を図面表示

建設評価も全棟実施

一般的には図面だけで評価する場合が多いようですが、当社では図面評価に加え、設計通りに工事が進められているか、完成したかを評価する建設評価も全棟で実施しています。

地震保険料の割引があります

品確法に基づく住宅性能評価書があれば、住宅が一定の耐震性能が備わっていると認められ、耐震等級に応じ10〜50%の割引を受けられます。